アーティチョーク.com

  アーティチョークと田舎町

現在、世界で一番アーティチョークを生産しているのはどこだろう
と思い、調べていくと・・・

でてくる名前は、「キャストロビル」という町の名前。
この町は、アメリカ、カリフォルニア州モントレーにある、へんぴな田舎町。
見渡す限り、だだっ広い畑。
その景色全てが、アーティチョークなんですって!!!

モントレーと言えば、ゴールデンゲートブリッジなどで有名なサンフランシスコからも近く、
車で遊びに行ける程の距離にある、美しい国立公園などで有名な名所です。
(と言っても、サンフランシスコから確か・・・3、4時間は車をぶっとばすのですが)

モントレーというと、世界的に有名な水族館があったり、
とても可愛らしい町並みが並ぶ、芸術家の町カーメルなど、
オプションツアーなどでも人気の高い地域。
でも・・・ちょっと郊外へ出ると、何もない田舎町が点在しています。
キャストロビルも、そんな町の1つ。

でも、そんな田舎町、キャストロビルこそが、世界のアーティチョーク生産を支えているんです。

すずなり、アーティチョーク

  アーティチョークとマリリン・モンロー

キャストロビルは、アーティチョークの生産量ナンバー1の、町。
世界の約70%以上が、ここキャストロビルで育てられているとか。
(もっと多い、という記述も沢山あります)

キャストロビルは、そんなアーティチョーク世界一を誇りにしている町。
町のにはCenter of the artichoke(ここがアーティチョークの中心だ)と書かれた看板があり、
アーティチョークフェスティバルというお祭が毎年開催されています。

フェスティバルは1948年から続く、伝統あるお祭り。
フェスティバルでは、パレードが行われたりアーティチョークを使った新レシピ作りが行わたり、
毎年アーティチョーククイーンが選出されたりしてます。

「アーティチョーククイーンって・・・微妙だなぁ」と思うかも知れません。
(私は思いました)
しかし、このクイーンの初代クイーンは、あのマリリンモンローなのだとか。
又、マリリンモンロー自身も、この町のあたりが出身なのだそう。
彼女は複雑な幼少期を過ごいるためか、公開されているプロフィールには出身はロサンゼルスとなっています
ついでに・・・初代アーティチョーククイーンであることも・・・公開されていません。

でも、この町の人は、マリリンモンローが生まれた(あたりの)町であること、
初代アーティチョーククイーンがマリリンモンローであることをとても誇りに思っています。

なんだか、知れば知るほど、おかしくなってくる、アーティチョーク。
アメリカ西海岸を旅する際は、是非キャストロビルも立ち寄ってみてください。

  アーティチョークとフェスティバル

フェスティバルは、毎年5月の中旬頃の週末、
アーティチョークの収穫期の訪れをお祝いして行われるお祭りです。

興味の湧いた方は・・・是非ウェブサイトも見てみてください。
日本語ページはありませんが・・・見ているだけで愉快な気分になってきます。

ウェブ: www.artichoke-festival.org
詳細: (831) 633-2465
入場料: 大人) US$6、12歳以下子供) US$3

もっと深く、アーティチョークを知る!!次は・・・【アーティチョークの花言葉・名前の由来】ページへ