アーティチョーク.com

  アーティチョークを育てる場所

一年中日当たりが良い場所で育てます。
プランターなら季節によって移動させるのも良いかも知れません。

ただし、とにかくでかくなることを考慮して植えることも必要です!!
アーティチョークはうまくいけば、1m以上もでかくなる、
とにかく巨大な花です。
加えて、植え替えを大変嫌う花だということですので、
プランターなら最初から大きめの鉢を用意することをおススメします。
そうなると・・・移動するのも至難の業、になってくるもの。
(重いし、葉はとげだらけだしね)
なので、最初から日当たりなどは考慮してから栽培することをおススメします。

冬の寒さには比較的強いので、冬越しはあまり難しくありません。
−1℃になっても枯れることはありません。
ただし、霜には要注意。
腐葉土やワラを株元に敷いて土が凍らないように工夫しましょう。

夏は極度な感想や急激に水やりなど、変化のために株が弱ってしまうことも。
急激な変化を避けるため、夏も腐葉土やワラを株元に敷いて土を保護してやります。

うまくいけば、こんな花に出会えますアーティチョークの花

  水やりや肥料


土が完全に乾くと枯れてしまいます。 また逆に急激な過湿でも根ぐされをおこしやすいので要注意。
「なんて、わがままな!」と思ったら、土が乾いているのを見て、水をあげるようにします。

旅行などで数日家を空ける場合は、腐葉土やワラを株元に敷いて土を保護してやると良いかも。

追肥は5〜6月に化成肥料を月に1回・計2回あげます。
鉢植えなら生育期に液体肥料を2週間に1回程度あげましょう。

あとは、枯れないように温かい目で見守ってやってください。